So-net無料ブログ作成

sk17i unlockからroot化、フォント変更、ラジオ周波数日本対応メモ [Android]

Xperia mini proはすぐに日本語が使用できますが、フォントが日本向けでなかったり、FMラジオの周波数が日本に対応していなかったりが残念なところです。
そこで先人に感謝しつつ、いろいろなサイトを参考にして対応させることにしました。
お約束ですが、unlockにより保証が切れますので、すべて自己責任で。

基本的にはxdaサイトの手順通りですが、usbドライバのインストールは手を加える必要があります。

http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=16659481&postcount=33

すでにSEUSでFW: 4.0.2.368にしてある場合はFlash toolを用いた作業は必要なく、fastbootを用いた一連の作業になります。
今回はFW: 4.0.2.368を前提にしています。
念のためSEUSでイメージデータをバックアップしておくと安心です。
(すでに、xdaにアップされていますが...。)


1.ソニエリブートローダunlockサイトでunlock用コードを入手

http://unlockbootloader.sonyericsson.com/

名前とメールアドレスとともに、sk17iで「*#06#」とダイアルすると表示されるIMEIの先頭14の番号を入力する。
(表示された15の数字を全部入力したら怒られました)

すぐに画面にunlock用コードが表示されるので、コピーしておく。

2.sk17iをfastboot modeで接続(usbドライバインストール)

一度電源を切り、ボリュームアップボタンを押しながらPCにusb接続します。
(青LEDが点灯する)
xdaのリンクにあるusbドライバはそのままではインストールできなかったので、
android_winusb.infに以下の行を追記しました。

[Google.NTx86]

(中略)

; SonyEricsson
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_0DDE
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_0DDE&MI_01
%SingleBootLoaderInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_0DDE

(中略)

[Google.NTamd64]

(中略)

; SonyEricsson
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_0DDE
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_0DDE&MI_01
%SingleBootLoaderInterface% = USB_Install, USB\VID_0FCE&PID_0DDE


場所指定でドライバをインストールします。

3.fastbootでunlock

xdaのリンクから Fast boot packageを入手し、解凍しておきます。
コマンドプロンプトでfastboot.exeのあるディレクトリに移動します。
Windows7では、該当のディレクトリで右クリックで出てくるメニューから簡単にコマンドプロンプトが開けました。
先ほどのusbドライバが正常にインストールできていることを確認するため、以下のコマンドを実行します。

fastboot -i 0x0fce getvar version

「0.3」とかでれば、OKです。

ソニエリサイトでgetしたunlock用コードの先頭に「0x」を付加して以下のようにコマンドを実行します。(12345...の部分がunlock用コードです。)

fastboot -i 0x0fce oem unlock 0x12345...

すぐに、unlockが完了します。
続けて作業しますので、コマンドプロンプトはそのままで。

4.root取得

xdaのリンクからSuperOneClick v1.7とKernel Custom(boot.img)を入手しておきます。
SuperOneClickはWindows security essentialsで引っかかってしまったので、作業中はオフにしました。
ウイルス対策プログラムをオフにする際は作業後の復帰を忘れないでください。

「boot.img」をfastboot.exeと同じディレクトリに置いて(引数で指定できればどこでもOKだと思います)
以下のコマンドを実行します。

fastboot flash boot boot.img

こちらもすぐに終了します。
この際に本体が初期化されますので、必要なデータはbackupしておいてください。

usbケーブルを抜いて本体を起動します。
「設定」→「アプリケーション」→「提供元不明のアプリ」にチェック。
「設定」→「アプリケーション」→「開発」→「USBデバッグ」にチェック。

SuperOneClickを実行して、「Root」ボタンをクリックします。
これで、root権が取得できました。

5.フォント置換

今回の主目的の一つである日本語フォントの置換を行います。
いろいろな方法がありますが、今回は以前購入していたRoot Explorer(マーケットから)を
作業に用いました。
まず、以下からモトヤLマルベリ3等幅(MTLmr3m.ttf)を入手します。(rawをクリック)

http://android.git.kernel.org/?p=platform/frameworks/base.git;a=tree;f=data/fonts;hb=HEAD

/system/fontsにそのままの名前で追加(rwモードで)し、パーミションを[644]、オーナーとグループをrootに変更して再起動しました。
やっぱり、「直」とか「灰」とかが普通に表示されるのは良いです。

6.FMラジオ周波数日本対応(オリジナルは blog.8796.jp さん)

Root Explorerを用いて、/system/etc/customization/settings/com/sonyericsson/にfmradioというディレクトリを作成します。
このディレクトリに以下の内容の「custom_settings.xml」を配置しました。


Japanese 100

念のため、改行コードはLFで保存しました。

再起動なしでも日本の周波数でFMが聞けましたが、数分後にプツリと音が出なくなりました。
再起動後は正常に動作しているように見えます。
思ったより音が良くて驚きました。
普段、青歯を利用していますが、やっぱり有線の方がいい音で聞けることを再発見しました(笑)。

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。